accrefs ホーム

タグ

企業ごとのやっていきの表明

あのヤフーだって取り組んでいるのです。あなたの企業で取り組めないはずがありません。※会社・団体としてやってるぞ!(そういう気持ちだぞ!)という方、ぜひ追記を。

組織導入に奮闘している事例

実際の現場で取り組んでいる例。どうすればあなたの職場でアクセシビリティの取り組みを回すことができるようになるのかの参考になるかもしれません。

障害当事者の声とか使い方

ユーザーに向き合うためには、どのような使い方をしているのかを知る必要があります。また、障害者といってもさまざまで、実に個性があふれます。例えば目の障害があるからといって、まったく視力を失っているとは限らないのです。

WCAGやJISの読み方

WCAG 2.0なり、JIS X 8341:2016をさあやろう!という意気込みはいいですが、ガイドラインは非常に抽象的なので、関連文書を抑えることが望ましいでしょう(わかるところから攻めていく)。

啓発ツール

アクセシビリティとは何かを概観できるポスターなど。組織内やチーム内での意思統一に活用しましょう。

WAICのガイドライン系

ウェブアクセシビリティ基盤委員会では、JIS X 8341-3:2016の附属書JAに基づいた方針策定ガイドラインや、附属書JBに基づく試験実施ガイドライン、そのほか対応度表記や発注のガイドラインなどを取り揃えています。きちんとした手続きに則って対応を進めるときでも、フランクに進めるときでも、一度眺めておくと参考になるでしょう。

インクルーシブデザイン

アクセシビリティと共に取り沙汰されることの多い「インクルーシブデザイン」。その語の指す意味や、デザインプロセスなどについて解説。

要件定義

ウェブサイトを受発注するときに検討される要件定義。この段階でアクセシビリティに気をつける観点とは何か。

情報設計・ライティング

ナビゲーションデザインやラベリングやライティングなど、情報を探し出して理解できるようにする観点と、アクセシビリティとの関わりについて。

alt(代替テキスト)

アクセシビリティを考えるうえで、最も基本的なものとされる代替テキスト。考え方や書き方、具体例の紹介や失敗例など。

ビジュアルデザイン

視覚的なデザインにおけるアクセシビリティ。コントラストの話やカラーユニバーサルデザインの話から、それらの関係性、さらには色に頼らない設計なども。

HTML+CSS+JS

いわゆるフロントエンド実装におけるアクセシビリティの確保について。全体的な考え方から、細かいTipsまでいろいろあります。

WAI-ARIA

とくにJavaScriptと協調して動作させるときに真価を発揮します。WAI-ARIA仕様は1.2の策定が開始されました。まだまだ発展途上の仕様と言え、最新の情報を追いかけることが求められます。

SVG

実はテキストでありコードであるSVGは、画像をアクセシブルにするという観点でも重要な存在です。

アイコンフォント

アイコンフォント、空の要素として置いて、そこをクリックしてメニューを出したり、マウスオーバーでヘルプとか出してしまいがち。それ実はアウトです的な話など。

PDF

ウェブコンテンツとして一般的なPDFですが、そのアクセシビリティについてはあまり知られていないようです。どのようなアプローチがあり得るのでしょうか。

電子書籍(EPUB)

EPUBの中身はHTMLであり、ウェブページのアクセシビリティの考え方の多くが流用できます。ウェブをアクセシブルにできる人は、電子書籍もアクセシブルにできるのです。

動画

動画をアクセシブルにする方法の代表例は字幕。その字幕やキャプションをどのように作るか、どのように動画に設定するか、それによってどのような効果が生まれるか。

AS(アクセシビリティサポーテッド情報)

包括的なリソースは残念ながら存在しない(caniuseのアクセシビリティ版みたいなのは残念ながらない)ので、究極的には自分でテストしないといけない可能性が…。

失敗事例集

手付かずの状態のときにありがちな失敗と、アクセシビリティやる気を出したときにおこりがちな失敗と。セットで読むと趣があります。

ネイティブアプリ

OSネイティブのアクセシビリティオブジェクトを意識するのが肝のようです。日本語の情報がかなり少ないので、見つかったものは割と全部載せてます。

CMS

アクセシビリティを維持するには運用が重要。アクセシブルな仕組みをCMSで構築できれば、そのウェブサイトの品質維持に大きく貢献します。

運用プロセス

(この話題、日本語リソースだとあんまり見かけない。どなたか追記希望!)

会社・団体の独自ガイドライン

WCAGやJISなどの公式ガイドラインを自分ごとに置き換えて読むために。自社の事例を交えつつサマリーを作成した事例の紹介。

チェックツール(HTML+CSS)

ブラウザ上でレンダリングされたHTML+CSSがアクセシブルなものであるかを自動チェックしてくれるツールの紹介。

Q&A

ピンポイントな疑問でも、Q&Aを漁ってみるとバッチリ合う回答があるかもしれません。

公式仕様および和訳

意外と知られてなかったり、和訳されていることが伝わってないものもあるかも。

すべての参考資料

ウェブサイトに貢献

このウェブサイトではあなたからの情報提供をお待ちしています。参考資料の追加・修正のリクエストは次のいずれかの方法で行えます。